HOME > 4日目 > 1時間目 > ロコモコ丼

1時間目・ロコモコ丼

最近では名前を耳にする機会も増えたロコモコ丼。さすがに天丼やカツ丼などには負けるものの、結構知名度が上がってきた丼だと思います。このロコモコ丼、ご飯のうえにハンバーグや目玉焼きを添えてソースをかけていただく、というもの。考えてみると普通のハンバーグ定食をたてに並べただけですね。

ロコモコ丼について

ハンバーグ

ロコモコ丼は珍しく、海外(ハワイ)で発明された丼です。と、思ったら考えた人は「イノウエ」さんという人らしいので、日系の人なんでしょうね。

ハワイではお皿に盛り付けて出すのでロコモコ、日本ではアレンジされて丼に出すこともあるのでロコモコ丼という名称が一般化したようです。

さて、このロコモコ丼、早くて安くておいしいということでハワイでも若者層を中心に人気。ハンバーガーのパンをご飯に変えたようなものなので、とっつきやすかったんでしょうか。

ロコモコってなんだ?

ハワイ

このロコモコって名前、何でこんなへんてこな名前なんだろう、と思ってしまうので調べてみました。

その結果が「意味は無い」という惨憺たるものでしたが。ロコモコは「Loco-Moco」と表記します。ロコの部分はハワイの若者の別称なのですが、モコのほうは単に語呂がいいと言うだけの理由でした。

ケチャップなんかもそうですが、この語呂がいいだけの商品名と言うのがは、結構人気の秘訣かもしれませんね。

ロコモコ丼にはどんなソース?

ソース

ロコモコ丼はハンバーグをのせた丼で、ほかには細かい決まりはありません。

…と、思っていたら魚をつかったフィッシュロコなんてのも最近出てきたようで、ますますハンバーガーみたいですね。いまでは洋風丼をまとめてロコモコ丼と呼んでいるのかもしれません。

これだけ決まりがゆるい丼なので、ソースも定番グレービーソースのほかにバーベキューソースや照り焼きソース、など、いろいろ考え出されているようです。

ロコモコ丼の栄養

ハンバーグ

相変わらず野菜は不足しがちです。つけあわせ的なレタスだけじゃちょっとキツいですね。

その他は肉・目玉焼きなので、エネルギー的には一杯です。やはりこれもサイドメニューに野菜類を加えてもらうしかないですね。とはいえ、朝昼晩の三食のどこかで取り返せばいいので、たまに食べる分にはそんなに気にしなくてもいいかもしれません。

ただ、お昼に食べた場合は夕食に野菜を登場させたいものです。

ロコモコ丼のレシピ

では洋風ハンバーグ丼とでもいいましょうか、ロコモコ丼のレシピなどを紹介していきましょう。問題なのがソース。今回は定番のグレービーソースを紹介しますが、正直面倒くさいので市販のものを使用してもいいかもしれません。

ハンバーグソースなどを流用する、パスタ用のソースを使ってみるなどアイディア次第です。

ロコモコ丼の材料(2人前)

     
  • ひき肉 150〜200グラム(あいびき肉がいいかと)
  • 牛乳 大さじ1杯(あれば)
  • タマネギ 半個 ・パン粉 大さじ1杯
  • 卵 1個 ・レタス 2,3枚
  • 塩コショウ 少々

グレービーソースの材料

  • コンソメのもと 固形のもの半分(顆粒なら小さじ半分)
  • 水 100cc(カップ1杯)
  • わいん 15cc(大さじ1杯。赤、白はお好みで)
  • 塩コショウ 適量
  • 小麦粉とバター10グラムずつ(大さじで7分くらい)

ロコモコ丼の作り方

それでは、ロコモコ丼を作ります。ソースが面倒ですが、そのほかはハンバーグ作るだけなので頑張っていきましょう。

  1. タマネギをこれでもかとみじん切りにして、炒めます。
    しんなりしたら火を止め、冷ま しておきます。
  2. その間に、ひき肉・パン粉・牛乳(あれば)をボウルにいれ、塩コショウで調味した後手でこねて行きます。
    粘りが出るまで混ぜ込んだら、必要な大きさに形を整え、空気を抜きます。
    (テレビでよく見る、肉のキャッチボールみたいなの)
  3. バターまたは油を敷いたフライパンでハンバーグを焼き上げます。
    まずは外側を焼き、肉汁を閉じ込めた後でふたをして蒸し焼きにする感じで。焼きあがったかどうかは串を刺して、透明な肉汁が出るかで判断します。
  4. ハンバーグが焼き上がったら、その肉汁を利用してソースを作ります。
    ハンバーグを取り出し、そのフライパンに水を入れて加熱します。
  5. コンソメのもととわいんを入れ、沸騰しない程度に火加減を調節しながら塩コショウで調味します。
  6. バターと小麦粉を練り合わせたものを入れて、とろみを加減します。
  7. ご飯の上にレタスとハンバーグをのせ、ソースをかけたあと目玉焼きを焼いてのせます。完成。

ロコモコ丼レシピにもう一工夫

牛丼

ハンバーグはソースが命ですが、いかがでしたか? その他に市販のソースをいろいろ試してみるのも良いでしょう。ちなみに塾長は濃い味が好きなので、中濃ソース・マヨネーズ・ケチャップを4:2:1で混ぜたものをさきほどの工程4の肉汁フライパンに入れて、わいんと顆粒コンソメ、水を少々足してから一煮立ちさせたオリジナルソースを使用しています。

これを使って、少しハンバーグを煮てからご飯にソースごとのせる感じで作ります。肉汁の味を吸い込んだソースがまた旨いんで、普段でもハンバーグ焼くときはこのソースです。このように、ロコモコ丼は自由度が高いので、自分の好みの味をみつけてくださいね。

ロコモコ丼のまとめ

丼塾太郎の思い出

ロコモコ丼。正直、最初名前を聞いたときには笑ってしまいました。

確かこの名前を最初に聞いたのはマネーの虎だったか、視聴者の企画を募集して、それに出資するかどうか、お金の達人たちが評価、よければ出資する・・・といったテレビ番組だったと思います。この企画の中に、「ハワイで人気のロコモコ丼のお店を出したい」という視聴者が出ていたわけです。その当時は達人たち全員で「ロコモコ丼? なにそれ?」という反応でしたが、今では普通に認知されていますね。

あのときの企画提案者さんは、ロコモコ丼で成功しているのでしょうか? 番組終了から随分たっているのにも関わらず、なぜか気になってしまうんですよね・・・。

▲ ページの先頭へ戻る