HOME > 2日目 > 3時間目 > 200円で出来る経済丼

3時間目・200円で出来る経済丼

200円で出来る経済丼。ああ、こういうビンボ臭い話をするとホント自分でも眼が生き生きしてくるのがわかります。しかし、考えてみると400円で2人前作ればいいわけですから、意外と簡単かもしれませんね

経済丼について

もちろん経済丼なんて言葉はありません。お金が無いときに安く済ませる丼という、塾長の造語です。最初はビンボ丼にしようかと思ったんですが、さすがに悲しいので経済丼という名前にさせてもらいました。安さがウリです。

でも、あんまりまずいと気分が落ち込むので、最低限美味しいくらいのレベルは維持しているはず。友人がお世辞言ってない限り、それなりに美味しいという評価を受けています。まあ、友人もビンボでハングリーだったんで、どこまで当てになるやら、という気もしますが。

子供丼

親子丼の親がいないという丼。もはやどんな丼なのかバレバレといった気がしますね。

でも、多少工夫しているのでそれなりに美味しく味わえるはず。食材も冷蔵庫のあまり物を適当に足せるので、冷蔵庫の整理にも役立つかもしれません。

肉海苔鰹丼

そのまんまのネーミングではありますが、どんな丼かは想像つきにくいと思います。

これは安くて旨い、塾長自信の一品です。大抵の友人には好評でした。まあ、友人もハングリーだったので肉さえ入ってればよかったのかもしれませんが・・・

鮭他人丼

ネーミングはたった今捏造しました。

なにしろ、自分で勝手に作っているオリジナルなレシピなので、名前なんかどうでもよかったんですよね。でも、味は美味しいはずなので、よければお試しくださいませ。

各丼の栄養

子供丼は入れる具材で随分変わりますが、基本的には野菜も入って栄養的にはいいはずです。他の2品は野菜が決定的に足りません。というか使っていません。

そのため、できるならなにか冷蔵庫を漁って、野菜関係を付け加えて欲しいものです。ただ、逆にその他の栄養は結構カバーしているので、これらとほうれん草のおひたしでも組み合わせれば結構バランスいいかもしれません。

子供丼のレシピ

先ほども言ったとおり、子供だけ。つまり卵メインの丼なのですがそのままだとあんまりに切ないので野菜を加えています。激安かに玉丼と言ってもいいかもしれません。では材料2人前。

子供丼の材料(2人前)

  • 卵 3個
  • ネギ 1/4本(できれば根っこの白いところがよし)
  • カニカマ 2〜4本(あれば。無ければ竹輪でもかまぼこでも。)
  • そのほか、冷蔵庫のあまり野菜やシイタケ、タケノコなどあいそうなものを自由に

子供丼のたれの材料(2人前)

  • スープのもと 3グラム(小さじ半分。無ければダシのもとでも可。)
  • 醤油、みりん 各5グラム(小さじ1杯)
  • 水 100cc(カップ半分)
  • 塩コショウ 適量
  • 好みで酢 小さじ1杯
  • とろみ用水溶き片栗粉 15cc(水10ccに片栗粉小さじ1杯)

子供丼の作り方

子供丼は、親がいない替わりに、赤の他人が多いのが特徴です。しかし、ビンボである以上、わざわざ食材を追加する必要はありません。

あくまである材料で作ってしまいましょう。大丈夫、とりあえず卵と調味料さえ揃っていれば旨く食べられます。

  1. ネギを小口切り、しらがねぎにします。
    さらにその他の具材も出来るだけ小さめにカットしておきます。 アバウトに行きましょう。
  2. カットした具材を炒めていき、しんなりしたら溶き卵を入れて閉じ、8分どおり火が通ったら丼ご飯の上に載せます。
  3. 酢・片栗粉以外のたれの具材を混ぜ合わせ、フライパンで一煮立ちさせます。後はお好みで酢を入れ、水溶き片栗粉を混ぜます。
    (とろみ調整なので、様子を見ながら入れていきましょう)
  4. 先ほどの丼にたれをまわしかけたら完成。

肉海苔鰹丼のレシピ

こちらは肉そぼろ丼です。それにカツオブシを混ぜ込むものなのですが、もしかしたらカツオブシの食感がイヤという人もいるかもしれません。その場合は気持ちよくカツオブシを省いてもかまいません。ただの肉そぼろ丼になるだけです。

肉海苔鰹丼の材料(2人前)

  • ひき肉200グラム (どんなひき肉でも大丈夫)
  • 海苔 全形半分〜1枚くらい
  • カツオブシ 軽く1つまみくらい

肉海苔鰹丼のたれの材料

  • めんつゆ 希釈した状態で30cc(大さじ2杯)
  • 砂糖 10グラム(小さじ2杯)
  • みりん 5cc(小さじ1杯)
  • あれば白ゴマ 少々

肉海苔鰹丼の作り方

それでは、肉海苔鰹丼を作ってみましょう。なお、塾長は味付け濃いのが好きなので、調味料はお好みで加減してください。特に砂糖は甘いかもしれません。

  1. まずはたれの材料を全量混ぜ合わせ、そのたれでひき肉を炒めます。
    肉の色が変わり、たれが少々煮詰ったら、火を止めます。
  2. 海苔は細かくハサミで切っておきます。
    最初からカットしてある海苔だとラクかもしれません。
  3. 丼にご飯をよそい、かつおぶしをぱらっと散らし、肉そぼろを載せます。
  4. 海苔を好きなだけかけて完成。あれば紅ショウガを添えるといいでしょう。

鮭他人丼のレシピ

冷蔵庫にお弁当の余りの鮭のフレークがあったときはこんなのはいかがでしょうか。めちゃくちゃ簡単で、意外にいけます。

鮭他人丼の材料(2人前)

  • 鮭のフレーク 適量(丼の上に敷き詰められるくらい)
  • 卵 2個

鮭他人丼のたれの材料

  • めんつゆ 希釈して15cc(大さじ1杯)
  • 砂糖 5グラム(小さじ1杯)
  • 料理用のおさけ、みりん 5cc(各小さじ1杯)

鮭他人丼の作り方

実際は卵の黄身だけを使用したいのですが、もったいないので白味も焼いて無理やり具材にしています。

  1. 卵の黄身だけを取り除き、白味はフライパンで薄焼きにして、細切りにします。
  2. たれの材料を全部混ぜ合わせ、一煮立ちさせます。
  3. 丼にご飯をよそい、鮭フレーク、白味の切ったものを乗せます。
    このとき中央に少しくぼみを付けておきましょう。
  4. くぼみに、先ほど取っておいた黄身を乗せて、たれをまわしかけて完成。
    黄身をほぐしつつ頂きましょう。

200円で出来る経済丼のまとめ

丼塾太郎の思い出

頭の中で材料費を計算したところ(ご飯1杯を70円と換算して)200円どころか150円を越す丼はありませんでした。子供丼は材料次第では越すかも知れませんが、まあ、冷蔵庫のあまり物整理と言うことで勘弁していただきたいところです。

どの丼も結構おいしいと思うので、給料日前にお試しください。ただ、調味料の加減は塾長仕様です。味見しつつ自分で調整してみてください。

▲ ページの先頭へ戻る