HOME > 2日目 > 3時間目 > カレー丼

3時間目・カレー丼

ここからは予算に余裕が無いときの丼を紹介していきます。まずはカレー丼・・・なのですが、これは普通に作ると結構予算と手間がかかります。そこで、今回紹介するカレー丼はビンボなときにカレーをまとめて作ったけれど余ったし、カレーも飽きたな、というときに余ったカレーで作るカレー丼のレシピも追記しておきます。普通のカレーに飽きたときはぜひどうぞ。

カレー丼について

カレー丼

さて、同じご飯にカレーのせて食べる料理なのにかたやカレーライス、かたやカレー丼。一体何が違うんでしょうか? 

まずはそんな雑学から。実はカレーライス、カレー丼、はてはライスカレーに至るまで3者の違いはありません。あえて言うなら器の違いだけです。

諸説あるのですが、ライスにカレーが乗ってればライスカレー、カレーとライスが別に出てくればカレーライス、どんぶり飯にカレーが乗っていればカレー丼。大抵の文献にはこんな風に紹介されてるんですね。

ということで、カレー丼の歴史と言うものもあやふやですが、日本でカレーが普及した頃にはカレー丼もあったはず。

カレーと兵隊さん

カレー

カレー丼は、いまでこそダシ汁などで伸ばすなど、和風なカレーを使用するようになりました。お仲間にはカレーうどんやカレーそばなんかもありますね。さて、こういったバリエーションのおおもとがカレーなのですが、海軍で「美味しくて、栄養のバランスもよく、配膳しやすい」と採用されたのが日本にカレーが広まったきっかけです。

そしてどこかで「こんなハイカラなもん、わしゃよう食わん!」といった人がいて、和風ダシでのばすカレー丼というのが出来たんではないか・・・、とまあ、ここは塾長の推測ですけどね。

カレーうどんやそば

もしかしたら、カレー丼より先にこちらが完成したのかもしれませんね。だし汁でカレーをのばす・・・と言うのはいかにもこうしたお店がやりそうですし。

そして、このカレーうどんは旨いのですが、汁が白い服につくという悲劇を避けるため、汁が飛び散らないカレー丼が考えだされたのでは・・・というのは無理ですか。すいません。

カレー丼の栄養

にんじん・じゃがいも・たまねぎ

さっきカレーと兵隊さんのところでお話したとおり、カレー丼には野菜・肉・魚介類など、大概のものが入っているので栄養のバランスが取れています。

ややカロリー的には多いのですが、そこは具の肉などの脂肪を落とす、野菜を炒める時に脂を減らす・・・などすれば随分減らせます。

それに各種香辛料が入り、中にはそのまま漢方薬の材料になるものなどが含まれます。そういうことを考えると、カレー丼は結構身体にいいですね。本場インドのようにヨーグルトなどを付けると、ますますバランスがよくなります。

カレー丼のレシピ

まずは正統派というか、普通のカレー丼のレシピから紹介してみましょう。

ただし、結構材料費がかかるのでビンボなときには、後述のあまりカレーで作る簡単カレー丼をお試しくださいね。では材料2人前。

カレー丼の材料(2人前)

  • カレー粉、またはカレールー 適量
    (後から追加・調整しやすいのでカレー粉をお勧め)
  • めんつゆ 希釈した状態で30cc(大さじ2杯、またもめんつゆですが・・・。)
  • 水 100cc(カップ半分)
  • 水溶き片栗粉 適量(とろみを付けるためなのでなくてもいいです。)
  • ニンジン 1/2本
  • タマネギ 1/2個
  • さやいんげん 3本(無くてもいいです)
  • そのほか、お好みの野菜やキノコ、肉、シーフードなど自由に

カレー丼の作り方

それでは、カレー丼を作っていきましょう。今回もレンジでチンしてしまいます。煮込んでもいいんですが、せっかくの野菜の栄養分は出来るだけ残しておきたいですしね。

また、油でいためる作戦もあります。美味しくはなりますがカロリーアップ。どれでもお好きなところをどうぞ。

  1. 各種野菜を手ごろな大きさにきりわけ、レンジにかけます。
  2. 野菜におおまかに熱が通り、しんなりしたらレンジから出します。
  3. もしも肉、シーフードを入れるのであれば、同じようにレンジにかけるか、油でいためます。
  4. めんつゆ・水を混ぜ合わせて鍋にかけ、沸騰する前に野菜、肉などを入れ煮込みます。
  5. 充分に火が通ったところでカレー粉、またはカレールーで味を調整します。
  6. このままだと、とろみが無いのでお好みに応じて水溶き片栗粉をまわしいれます。
  7. 丼に盛り付けたご飯にかけて出来上がり。

カレー丼に一工夫

もしも自宅に作り置きのカレーがある場合、こんな簡単レシピでもカレー丼が作れます。カレーが余ってこまったなという人はお試しを。

まずはダシ汁(インスタントダシでいいです)を溶かしただし汁を作ります。続けてそのだし汁に水溶き片栗粉(固さ調整なのでお好みに)をいれ、かき回します。最後にあまりカレーにだし汁を流し込み、ダマにならないように気をつけながら一煮立ちさせて完成。あとは丼によそったご飯の上にたっぷり流し込みましょう。

カレー丼のまとめ

丼塾太郎の思い出

もはや日本人の国民食とも言えるカレー。男の料理の定番メニューともいえますね。そのため、カレーにはこだわりを持っている人も多いかと思います。ですから今回のレシピではかなりのところを「お好みで」という風に紹介させてもらいました。つまり、ホントの基本的なレシピなので、これを踏み台に、あなたのこだわりを見せ付けて欲しいと思います。

丼塾では一応の基本レシピは紹介しますが、あくまで当塾を卒業した皆様によって「もっと旨い丼」を完成して欲しいのです。できれば卒業生の人たちが作ったレシピをみて「よくやった、もうお前に教える事は何もない・・・」という感じになればいいなあ、と思っていますので、いいレシピが出来たら教えてくださいね。(なんかお願いばかりな気がしますが。)

▲ ページの先頭へ戻る